拡大《ブルゴーニュのマール瓶、グラス、新聞紙》

パブロ・ピカソ

《ブルゴーニュのマール瓶、グラス、新聞紙》

1913年  油彩、砂、新聞紙・カンヴァス

©2020 - Succession Pablo Picasso- BCF (JAPAN)

ピカソは、類まれなデッサン力と絶えざる自己革新を支えた圧倒的な創造力において、20世紀美術を代表する芸術家です。この作品は、1912年頃に始まる総合的キュビスムに位置付けられる作で、画面に異物を導入するコラージュの技法が特徴です。幾何学的な素描に基づきながら、新聞紙の断片を貼り付ける試みは、絵画をイリュージョンから現実に近づけようとするものです。触覚的な現実の二次元的再現という、キュビスムの当初の目的に立ち返るべく、ピカソは画面に砂を混ぜ込み、グラスや瓶に浮き出すような白色を施しています。

その他の作品

もっと見る
このページをシェア
《ブルゴーニュのマール瓶、グラス、新聞紙》