Language

2023年2月より、第59回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展を開催

2022.04.02

公益財団法人石橋財団は、創設者石橋正二郎が1956年にヴェネチア・ビエンナーレ日本館を建設寄贈して以来、日本館への継続的な支援を行って参りました。このような歴史的つながりから、石橋財団アーティゾン美術館は2020年の開館を機に、「ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術」展における日本館展示の成果を広く日本国内でもご紹介するため、会期終了後に帰国展を開催しています。今年の日本館出品作家に選出されたのは、日本のアート・コレクティブの先駆け的な存在であるダムタイプです。ヴェネチアで発表される「ポスト・トゥルース」をテーマにした新作インスタレーションを、2023年に帰国展としてアーティゾン美術館で再構成し、ご紹介いたします。

 

開催概要

展覧会名: 第 59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展(仮)

会  場: アーティゾン美術館 6 階展示室

会  期: 2023年2月25日[土]―5月14日[日](予定)

主 催: 公益財団法人石橋財団アーティゾン美術館、独立行政法人国際交流基金

 

第59回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展(4月23日―11月27日)の概要はこちら

https://venezia-biennale-japan.jpf.go.jp/j/art/2022

このページをシェア