Cosmo-Eggs|宇宙の卵 第58回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展 キュレーター|服部浩之 アーティスト|下道基行(美術家)、安野太郎(作曲家)、石倉敏明(人類学者)、石倉敏明(建築家) 2020年4月18日[土]-6月21日[日] 開館時間|10:00-18:00(毎週金曜日は20:00まで)*入館は閉館の30分前まで 休館日|月曜日(5月4日は開館) 会場|5階展示室 主催|公益財団法人石橋財団アーティゾン美術館、独立行政法人国際交流基金 展示機材協力|キャノンマーケティングジャパン株式会社

開館時間

第58回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展の日本館展示「Cosmo-Eggs|宇宙の卵」(2019年開催、国際交流基金主催)の帰国展を開催します。ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展は、イタリア、ヴェネチアの各所を会場とし、2年に一度開催される現代美術の国際展です。1895年から120年以上の歴史を重ね、今なお大きな影響力を持っています。 ヴェネチア・ビエンナーレの日本館は、石橋財団の創設者である石橋正二郎が建設寄贈、1956年に開館しました。そのような歴史的つながりから、このたび当館で帰国展を開催することとなりました。「Cosmo-Eggs|宇宙の卵」は、キュレーターの服部浩之を中心に、美術家、作曲家、人類学者、建築家という4つの異なる専門分野のアーティストが協働し、人間同士や人間と非人間の「共存」「共生」をテーマに構成されました。本展は、ヴェネチアでの展示をもとに、アーティゾン美術館の展示室にあわせて再構成するものです。映像・音楽・言葉・空間の4つの要素が共存するインスタレーションに、ドキュメントやアーカイブなどの新たな要素を加えご紹介します。

開催概要詳細へ
下道基行《Tsunami Boulder》より 2015年ー

下道基行《Tsunami Boulder》より 2015年ー

日本館展示風景(撮影:ArchiBIMIng 写真提供:国際交流基金)

日本館展示風景(撮影:ArchiBIMIng 写真提供:国際交流基金)

日本館展示風景(撮影:ArchiBIMIng 写真提供:国際交流基金)

日本館展示風景(撮影:ArchiBIMIng 写真提供:国際交流基金)

日本館展示風景(撮影:ArchiBIMIng 写真提供:国際交流基金)

日本館展示風景(撮影:ArchiBIMIng 写真提供:国際交流基金)

プロフィール

服部浩之(はっとり ひろゆき)
1978年生まれ。秋田公立美術大学大学院准教授。アジアを中心に展覧会、プロジェクトなどを展開。「あいちトリエンナーレ2016」「近くへの遠回り」(キューバ、2018)など多数企画。
下道基行(したみち もとゆき)
1978年生まれ。美術家。代表作に、日本の植民地時代に残された世界各地の鳥居を撮影したシリーズ《torii》や、大津波により海底から陸上に運ばれた巨石を取材し撮影したシリーズ《Tsunami Boulder》がある。
安野太郎(やすの たろう)
1979年生まれ。作曲家。作曲とメディアアートを学び、アーティストとのコラボレーションも多数実施。代表作《ゾンビ音楽》は、複数のリコーダーに空気を送り込み、自動演奏によって奏でる音楽作品。
石倉敏明(いしくら としあき)
1974年生まれ。人類学者。秋田公立美術大学美術学部准教授。神話や宗教を専門とし、アーティストとの協働制作を行うなど、人類学と現代芸術を結ぶ独自の活動を展開している。
能作文徳(のうさく ふみのり)
1982年生まれ。建築家。建築設計だけでなく、アート作品、空間インスタレーションも手掛ける。2016年第15回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展では日本館展示に出品し、特別表彰受賞。
キュレーター、アーティスト近影

キュレーター、アーティスト近影
左より:下道基行、能作文徳、服部浩之、石倉敏明、安野太郎  撮影: 高橋希

関連プログラム

日本館展示風景(撮影:ArchiBIMIng 写真提供:国際交流基金)

日本館展示風景(撮影:ArchiBIMIng 写真提供:国際交流基金)