展示替えにつき休館中 *ミュージアムカフェは営業しています。詳細はこちら。

ドビュッシー、音楽と美術―印象派と象徴派のあいだで

2012年7月14日[土] - 10月14日[日]

概要

クロード・ドビュッシーは、19世紀末から20世紀初頭にかけて活躍したフランスを代表する作曲家。ドビュッシーが生きた時代には、音楽や美術、文学、舞台芸術が、互いに影響し合い、時に共同で作品をつくり上げたが、彼は作曲家の中ではその代表的な人物と言えるだろう。本展では、ドビュッシーと印象派や象徴派、さらにはジャポニスム等の関係に焦点をあて、19世紀フランス美術の新たな魅力を紹介した。なお、本展はドビュッシーの生誕150年を記念して、オルセー美術館とオランジュリー美術館、ブリヂストン美術館で共同開催した。

*会場:第1、2、4―8室

開催概要

展覧会名

ドビュッシー、音楽と美術―印象派と象徴派のあいだで

会期

2012年7月14日[土] - 10月14日[日]

主催

オルセー美術館、オランジュリー美術館、石橋財団ブリヂストン美術館、日本経済新聞社

協力

日本航空

協賛

NEC、大日本印刷、東レ、みずほ銀行

後援

フランス大使館

会場

ブリヂストン美術館
このページをシェア