隠された肖像—美術品の科学的調査—

1993年7月17日[土] - 11月7日[日]

©SIAE, Rome & JASPAR, Tokyo, 2021 C3437

概要

画家は一度描いた作品を塗りつぶし、その上に新たな作品を描くことがよくある。先に描かれたものが上部の作品越しに肉眼で確認できることもよくあるが、見えない内部をより詳細に調査するためにX線透過や赤外線などの科学的調査が行われる。本展は下層に肖像画の存在が認められた、ファン・ゴッホ《モンマルトルの風車》、ヴァン・ドンゲン《シャンゼリゼ大通り》、デ・キリコ《吟遊詩人》、黒田清輝《鉄砲百合》(石橋美術館)の4点とその科学的調査の結果を、写真を多用してわかりやすく示したもの。こうした内容の展示は日本では初めての企画で、大きな反響を呼んだ。会期終了後は石橋美術館へ巡回した。

*特集展示

開催概要

展覧会名

隠された肖像—美術品の科学的調査—

会期

1993年7月17日[土] - 11月7日[日]

主催

石橋財団ブリヂストン美術館

会場

ブリヂストン美術館
このページをシェア