展示替えにつき休館中 *ミュージアムカフェは営業しています。詳細はこちら。

エトルリア文明展 最新の発掘と研究による全体像

1991年3月26日[火] - 5月6日[月]

概要

紀元前9世紀から同2世紀までイタリア半島中部に栄えたエトルリア文明を、最新の発掘成果を含む246点によって概観する本展は、イタリア文化財省などイタリア側と、朝日新聞社、青柳正規(東京大学教授)を中心とした日本側の協力体制によって実現。大阪市立東洋陶磁美術館、名古屋市博物館、福岡市博物館巡回後の最終会場となった。

開催概要

展覧会名

エトルリア文明展 最新の発掘と研究による全体像

会期

1991年3月26日[火] - 5月6日[月]

主催

石橋財団ブリヂストン美術館、朝日新聞社

特別協力

南エトルリア考古文化財監督局、トスカナ考古文化財監督局、エミリア・ロマーニャ考古文化財監督局、グァルナッチ博物館(ヴォルテッラ)

協力

ラツィオ州、トスカナ州、ウノアエレ社、ワールドゴールドカウンシル、アリタリア航空

協賛

住友金属鉱山、住友商事

後援

外務省、文化庁、イタリア外務省、イタリア文化財省、イタリア大使館、イタリア文化会館、エトルリア・古イタリア研究所、エトルリア・古イタリア考古学研究所(CNR)

会場

ブリヂストン美術館
このページをシェア