展示替えにつき休館中
Language

石橋財団コレクション選 特集コーナー展示 挿絵本にみる20世紀フランスとワイン

2021年9月22日[水] - 2022年1月10日[月]

石橋財団コレクションの中には、ユトリロやデュフィなどフランスの画家たちが挿絵をほどこした、ワインや蒸留酒をテーマとする20世紀の挿絵本があります。この展示では、ユトリロらが挿絵を担当した『葡萄酒、花、炎』(1952年)ほか3冊をご紹介します。

開催概要

展覧会名

石橋財団コレクション選 特集コーナー展示 挿絵本にみる20世紀フランスとワイン

会期

2021年9月22日[水] - 2022年1月10日[月]

開館時間

10:00 - 18:00(毎週金曜日は20:00まで・予定)*入館は閉館の30分前まで

休館日

月曜日(10月11日、1月10日は開館)、10月1日、10月12日、年末年始(12月27日 - 1月3日)

主催

公益財団法人石橋財団アーティゾン美術館

会場

4階 展示室

同時開催

2021年10月2日[土] - 2022年1月10日[月・祝]
ジャム・セッション 石橋財団コレクション×森村泰昌 M式「海の幸」ー森村泰昌 ワタシガタリの神話(6階 展示室)
「教育普及活動」ってなに? ー生きている美術館 (5階 展示室)

作品

モーリス・ユトリロ《『葡萄酒、花、炎』(ジョルジュ・デュアメルほか著)のための挿絵》1952年刊 石橋財団アーティゾン美術館蔵

モーリス・ユトリロ《『葡萄酒、花、炎』(ジョルジュ・デュアメルほか著)のための挿絵》1952年刊 石橋財団アーティゾン美術館蔵

このページをシェア