展示替えにつき休館中 *ミュージアムカフェは営業しています。詳細はこちら。

拡大《婦人像》

岡田三郎助

《婦人像》

1907年   油彩・カンヴァス

岡田三郎助が、1907(明治40)年の東京勧業博覧会で、1等賞を受けた作品です。鼓を締め合わせた紫色の紐に因み、当初は「紫調べ」と題されました。元禄風の豪華な着物をまとい、髷を結う婦人は、鼓を今まさに打ち鳴らそうとしています。背景には撫子と流水の配された琳派風の屛風が描かれました。三越呉服店の経営にかかわり、元禄模様のブームの火付け役となった高橋義雄に依頼されたこの作品には、高橋の妻千代子が描かれています。三越呉服店の新柄陳列会のポスターや切手の原画として使用されたため、広く知られるところとなりました。

その他の作品

このページをシェア
《婦人像》