展示替えにつき休館中 *ミュージアムカフェは営業しています。詳細はこちら。

拡大《青磁長頸花生》

中国 龍泉窯

《青磁長頸花生》

南宋時代 12-13世紀  磁器

このように胴からすっと伸びる頸にかけて線条の文様が入ったものを、日本では竹の節に見立てて筍形と呼びます。中国浙江省の龍泉窯で焼かれたもので、日本での評価は高く、比較的多くの作品が伝わっています。その中で、この作品は水平状に開いた薄造りの口縁と、それに呼応するかのように扁平に膨らんだ胴が特徴的です。

その他の作品

このページをシェア
《青磁長頸花生》