展示替えにつき休館中 *ミュージアムカフェは営業しています。詳細はこちら。

拡大《モンマルトルの風車》

フィンセント・ファン・ゴッホ

《モンマルトルの風車》

1886年  油彩・カンヴァス

1886年早春、ファン・ゴッホはアントウェルペンを去り、パリに到着しました。到着後、ゴッホは弟テオとモンマルトルの丘の中腹に新たにアパルトマンを借り、同居を始めます。この作品に描かれている風車は、そのアパルトマンのすぐ近くにある「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」というダンス場のシンボルです。ゴッホは故郷オランダを思い起こさせるモンマルトルの風車を様々な角度から繰り返し描きました。華やかな都会の裏側のもの悲しい雰囲気がうかがえる一方で、かつてのオランダ時代のゴッホ作品には見られない明るい色彩で描かれた1点です。

その他の作品

このページをシェア
《モンマルトルの風車》