ジャム・セッション 石橋財団コレクション×鴻池朋子
鴻池朋子 ちゅうがえり

2020年6月23日[火] - 10月25日[日]

※会期変更

「ジャム・セッション」は石橋財団コレクションと現代美術家の共演です。シリーズ第一回に鴻池朋子を迎えます。 鴻池は、人間を変容を繰り返す一つの生物と捉え、近代がつくりだした美術館や博物館という「型」や「分類」を丁寧に再考し、現在の私たちに沿ったものへと組み直しを試みています。 その活動は、従来の作家中心の視点とは大きく異なり、旅の途中で出会う人々の言葉や手を借り、時には太陽や台風、植物や昆虫やバクテリアなど、様々な地球の手立てを借りて生きてゆくための制作が行われています。

「人間は一匹の動物として一人一人全部違う感覚で世界をとらえ、各々の環世界を通して世界を眺めている。それらは一つとして同じものがない。同じ言葉もない。同じ光もない。 芸術がそのことに腹をくくって誠実に取り組めば、小さな一匹にとって世界は官能に満ち、やがて新たな生態系が動きだす。 イリュージョンを言語にすり替えず、日々出会うものたちをしっかりと手探りし、遊び、粛々と自分の仕事をしていこう。」(鴻池)

石橋財団コレクションとは
石橋財団コレクションは、創設者・石橋正二郎の個人収集から始まり、その後、公益財団法人石橋財団によっ て引き継がれました。 現在約2,800点を数えるコレクションは、西洋絵画、日本近代洋画をはじめとして、西洋・東洋の彫刻や陶磁器、中国・日本書画にまで渡り、さらに 20 世紀美術、現代美術にまで視野を広げています。

ジャム・セッションとは
「ジャム・セッション」は、2020年1月に開館するアーティゾン美術館のコンセプト「創造の体感」を体現する展覧会です。 アーティストと学芸員が共同して、石橋財団コレクションの特定の作品からインスパイアされた新作や、コレクションとアーティストの作品のセッションによって生み出される新たな視点による展覧会を構成します。 過去から現代、次代へ向けての架け橋となるプロジェクトを目指します。今後、毎年一回開催する予定です。

【鴻池朋子(こうのいけ ともこ)略歴】

painting

1960年秋田生まれ。個展、2015年「根源的暴力」神奈川県民ホール(2016年芸術選奨文部科学大臣賞受賞)、2018年「Fur Story」リーズ・アート大学(イギリス)、「ハンターギャザラー」秋田県立近代美術館、他。グループ展、2016年「Temporal Turn」スペンサー美術館・カンザス大学自然史博物館(アメリカ)、2019年「瀬戸内国際芸術祭2019」、他。

開催概要

  • 展覧会名 : ジャム・セッション 石橋財団コレクション × 鴻池朋子 鴻池朋子 ちゅうがえり

    会 期 : 2020年6月23日[火] - 10月25日[日] ※会期変更

    開館時間 : 10:00 - 18:00( 祝日を除く毎週金曜日は20:00まで /当面の間、中止)*入館は閉館の 30 分前まで

    休 館 日 : 月曜日 (8月10日、9月21日は開館)、8月11日、9月23日

    会 場 : アーティゾン美術館 6 階展示室

    主 催 : 公益財団法人石橋財団アーティゾン美術館

    同時開催
    第 58 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 「Cosmo-Eggs | 宇宙の卵」(5 階展示室)
    石橋財団コレクション選 (4 階展示室)
    特集コーナー展示|新収蔵作品特別展示:パウル・クレー
    特集コーナー展示|印象派の女性画家たち

    *注意事項 : 6階展示の一部で、毛皮等が肌に触れる可能性があります。

入館料 (税込)

ウェブ
予約チケット
当日チケット
(窓口販売)
一般 1,100円 1,500円
大学生
専門学校生
高校生

無料 要予約

入館時に学生証か生徒手帳をご提示ください
ウェブ予約をされない場合は「当日チケット」(一般)をご購入ください

障がい者手帳を
お持ちの方と付き添いの方1名

無料 要予約

入館時に障がい者手帳をご提示ください

中学生
以下の方

無料 予約不要

*この料金で同時開催の展覧会を全てご覧いただけます
*ウェブ予約チケット:各入館時間枠の終了 10 分前まで販売
*当日チケット:ウェブ予約チケットが完売していない場合のみ販売